Curry or Programming bot

カレーとその他のブログです

二分音符対旋律の要点

断り

これは自分が二声二分音符対旋律を作るときのメモ書きです.正しいor有用かは分かりません.

二分音符対旋律とは

全音符からなる旋律に対して,二分音符で合わせる旋律のこと.

冒頭,結尾の形式

冒頭

開始タイミング

二部休符の後に始まる.つまり裏拍から旋律が開始される.

開始の音

8度(主音)あるいは5度(属音)で始まる.1度で始めることもできる.

結尾

導音(7度)を経由して,8度あるいは1度の全音符で終わる.

下声に旋律がある場合,属音を経由して終わるのも可能.

強拍,弱拍の形式

強拍

その小節における和音構成音でなければならない.

各和音は,基本形又は第一展開系であるとされるので,

基本形に属する音程(8,3,5度)又は

第一展開系に属する音程(8,3,6度)

でなければならない.

弱拍

弱拍は,経過音,刺繍音,ないし和音構成音で作られる.

旋律を作る際の禁則等

注意

教科書(池内 友次郎,二声対位法)に書いてある全部は上げてません.自分に必要な奴だけです.

生硬な旋律を避ける

教科書では,避けるべきものとして「生硬な(旋律)」というワードがよく出てくる.禁則はそれらを避けるためにあるらしい.

旋律動向と和声動向

旋律は,一つの旋律を時間方向で眺めたときの話.

和声は,同一時間にある複数の旋律からなる和音の話(周波数方向で見る).

旋律動向

短2度

基本的に定旋律(全音の旋律)に短2度で触れる旋律はダメである.短2度は確かに汚い感じがするが,二分音符ではその響きが残るからダメらしい.

おんなじことをあんまりするな

和音構成音を多用するな.

同方向へ跳躍進行するな.

同型反復するな.

刺繍音で同一音を旋回するな.

8度跳躍を連続するな.

和声動向

おんなじことをあんまりするな

3度6度の音程が響きが良いけど使いすぎないようにする(4回連続はやめようとのこと).

5度8度を強拍で連続するな.

直行(旋律が同じ方向へ動くこと)における禁則

直行で5度8度をもってくるな.

弱拍においても直行なら5度8度を連続させるな.

作ってみて思うこと

5度8度と3度6度の雰囲気の違い

5度8度は音が濁らない.特に8度の場合.

これは定旋律が低い(C1とかそれより下ぐらい)場所にあるとき,濁ると嫌な感じがするのでそれを消すのに役に立つ.

逆をいうと5度8度は和声みが少なく,旋律がいい感じに混じり合ってる感がない.

旋律間の音程の距離の話

バスとソプラノの旋律の場合,音域が離れているので,濁りとか和声みとかを考える必要があまりない(と今は思っている).

バスとテノールとか,近い音域の場合は和声っぽくなるのでより気にする必要がある.

終わりに.

まだまだこれからやなあという気持ち